競馬で同じような成績の馬が何頭もいた場合の予想

 競馬の予想をするときに困ってしまうのは、同じような成績の馬が何頭もいた場合です。そういうときは、どれを本命にしたら良いのかとても悩んでしまいます。競馬ランキングサイトなどをを参考にしつつもそんなレースに遭遇すると「何が1着になるのかまったくわからない」と頭を抱えてしまいたくなりますが、実際にレースをすれば必ず1着が決まりますので、それを予想していかなければいけないです。

 先日、夏の新潟開催最終週でも、そんなレースを見かけました。ダート1200mの未勝利ですが前走3着以内に好走した馬が数頭おり、どれも似たり寄ったりの成績でした。未勝利ですから1度も勝っていない馬ばかりのレースなのですが、かなりレベルの高い未勝利だったことは間違いありません。

 そんな中で私が注目したのは、結果的には2着だったタケショウビクターという馬です。この馬にどうしてそんなに注目したのかというと、それは騎手が石橋騎手から石川騎手に乗り替わっていたからです。騎手の実績から言えば石橋騎手のほうが断然上なのですが、石川騎手は新人なので減量特典があります。それは2キロもあり、未勝利馬同士の争いなら有利になるのはいうまでもありません。石川騎手はタケショウビクターにテン乗りだったので不安もありましたが、それでも信頼に足ると思って本命に推奨したのです。

 結果はこれまた的場騎手からの乗り替わりで結果を出した戸崎圭騎手のファインダッシュに惜しくも敗れてしまいましたが、少しひいき目にみているとはいえタケショウビクターも勝ちに等しいレース内容だったことは一目瞭然でした。

 3歳馬は夏の内に未勝利を脱出しておかないと出られるレースが限られてくるのでできれば勝って欲しかったのですが、こればっかりはしかたありません。競馬では勝者と敗者がくっきり分かれ、それによって馬の行く末もまったく違ったものになるのです。

 今回は上手く馬券圏内に来る馬を予想できましたが、これからも競馬ではそういうケースが多々あるでしょうから、それらを当てられるよう努力したいです。

SNSでもご購読できます。