会社員の副業は禁じられていないか否かを事前確認

会社員の方々は、しばしば副業を考えています。そのような方は、自分の収入に関する不満点を覚えている事が多いですね。現在の収入ではちょっと足りないので、それを補う為に副業考えている方は非常に多いのです。
ところで会社員の副業は、ルールなどはよく確認しておく方が良いです。ルールというのは、お勤め先のものです。
大抵の企業には、いわゆる社則がありますね。働く上でのルールが色々決まっている訳ですが、それを確認しておかないとお勤め先に迷惑がかかってしまう事がありますので注意が必要です。その1つが、上記の副業なのです。
例えば公務員の方々などは、原則として副業は禁止されています。あくまでも公務員のお仕事1つで働かなければなりません。もしもお金がほしいと思ったばかりに副業を行ってしまいますと、最悪の場合は解雇になってしまうのですね。職を失ってしまう事になりますので、注意が必要です。
そして会社員として働いている方々も、それは同様なのですね。会社によっては上記の公務員と同じく、副業が禁止されている所が見られます。もちろんそのような会社で働いている方が副業を行ってしまえば、それで社則に触れてしまう事になります。前述のように、解雇になってしまう事もあるのです。解雇にはならなくても、何らかの厳しい罰則が発生する事もありますので気をつけた方が良いでしょう。
しかし、中には例外の会社もあります。私が以前にお付き合いをしていたある方は、会社員の副業に関して特に厳しい決まり事はありませんでした。その方は普段は会社員として働いているのですが、堂々とアルバイトをしていらっしゃったのですね。ちなみにその方は、お勤め先にも「アルバイトをしている」と伝えていたようです。
このように会社によって、色々とルールは異なります。どちらにしても会社員の副業を考えているのであれば、必ず社則は確認しておくべきですね。ルール外の事を行って会社からのお咎めが発生する事が無いよう、くれぐれも気をつけた方が良いでしょう。

SNSでもご購読できます。