いつの間にか子供がお小遣いを欲しいと言わなくなったと思ったら

私がまだ子供だった頃は毎月いくらという風にお小遣いをもらっている人達が多かったようだ。金額はそれぞれの家庭事情によってかなり違うが、概ね千円から5千円の間だったと思う。これが多いのか少ないのかは微妙な所である。欲しい物が漫画だったら十分かもしれないが、ゲームソフトなら月に1つ買えれば良い所だろう。

金欠ぎみの子供達にはお小遣いサイトで稼ぐ事を勧めてあげたい。親としても毎月のお小遣い費用を節約できるのだから悪くないと思う。バナー広告をクリックすると1ポイントという仕組みになっている。これをやり続けても大人のお小遣いと言える程溜めるのはかなり難しいが、子供だったら話は別になる。

いつの間にか子供がお小遣いを欲しいと言わなくなったと思ったら、この様なお小遣いサイトで稼いでいたなんて事もあるだろう。複数のサイトでポイントを溜めて行けば普通に親からお金を貰うよりも多い金額を得られる可能性もある。

ただ気をつけておきたいのが、このポイントを換金する際に銀行口座が必要になるという事だ。子供だとまだ持っていない場合も多いだろう。おそらく親の同意が無ければ口座開設は不可のはずだ。本当の事を説明して理解してくれる親ならば正直に言えば良いし、それが無理ならお年玉を銀行に預けておきたい等の適当な理由を付けて口座を作ってもらうようにしよう。

また、親がネットショッピングを利用する事が多いのなら、さらに効率よくポイントを得る事が出来る。購入した商品の金額などに応じてポイントがもらえる様になっているからだ。まずはお小遣いサイトにアクセスして、そのサイト内のリンクから目的の商品を扱っているサイトに移動して購入すればポイント獲得の条件を満たせる。

おそらくお小遣いサイト内に説明書きがされているので、そこを注意深く読んでおくようにしよう。せっかく買っても、条件を満たさないとポイントが付与されない事もあるので気をつけてほしい。

SNSでもご購読できます。