2015年 8月 の投稿一覧

女性向け副業として人気になっている昼間の水商売

水商売といったら一般的には夜のお仕事というイメージです。夕方に開店して夜遅くに閉店します。しかしこの時間帯だと夜勤で働いているかたなどは利用できません。そこで近年増えてきたのが、朝キャバや昼キャバといった、日の高いうちに開店しているキャバクラです。この昼キャバなどの利用者が今とても増えていて、働き手もも女性向け副業として人気の職業になっています。
朝キャバや昼キャバは午前中に開店して夕方には閉店します。お店の仕組み自体は夜のキャバクラとほとんど変わりませんが、客層には大きく違いがあるとされています。夜のキャバクラは仕事帰りのサラリーマンや、飲み会のあとの二次会などの利用者が多いのですが、朝キャバや昼キャバの客層のメインは夜の仕事をしているかたがほとんどです。同じ水商売をしているかた達だけではなく、一般的な職業でも深夜勤務のかたは多いので、そういった夜にキャバクラを利用できないかた達が多くいらっしゃることになります。それから平日がお休みの自営業者なども多い傾向にあるようです。また、外回りのサラリーマンの一服場所としても昼キャバは利用されています。
女性向け副業として多くの学生や主婦が働いています。特に主婦には、子どもが学校に行っている時間帯を有効に活用して普通のアルバイトよりも高収入が期待できることで、とても人気になっています。といってももちろん接客業なので、容姿や接客態度、サービスの質が悪ければ働くことはできません。女性向け副業としてとても魅力的な仕事ですが、求められるものも多くなってきます。
ただ、主婦やシングルマザーといった女性にとっては、昼キャバほど都合のいい仕事はなかなかないでしょう。ノルマもない店がほとんどですし、夜のキャバクラに比べると時給は安くなるという点はありますが、プレッシャーもなく働けるというメリットがあります。
指名料や同伴出勤料などで稼ぐことも出来ますので、働き方次第で満足のいく収入を得られる仕事です。

主婦の副業としてのライティングの勧め

主婦の副業といえば、けっこうちまちまとした作業を求められるようなイメージがあります。主婦の副業は内職ですから、そういうイメージは無きにしも非ずでしょうが、しかし、かつては少女が一万円とかで売られていったこともあるようで、そういうころに比べたら、人権状況が改善しているということはたしかです。
主婦の副業としての内職としたも、近ごろではそれなりには状況が改善していると言ってもいいのではないでしょうか。ライティングとかは、明らかに一千二銭の世界ではありますが、そこまで悲惨という感じではありません。
たしかに、300文字30円とかいうようなものがないわけではありません。しかも、そのようなものに限って、審査がけっこう厳しいです。私なんかは、某元少年の某書物について、出版する意義はあるのではないかと書いたところ拒否されてしまいました。このような拒否は、おそらくは自分のブログに載せたくはないという勝手な考えに基づいているとしか言いようがないと思います。
その人は、私は常識人です、とか自己紹介のようなところに書いていますが、こういう「常識人」といったものの暴力性を垣間見た次第です。こういうところではもう二度と書きたくないと思っています。
では、どういうところで書けばいいのかと言いますと、近ごろでは着物についてのライティングが割がよかったのではないでしょうか。ここは500文字290円というものでした。これは300文字30円のやつと比べたら雲泥の差と言ってもいいのではないでしょうか。300文字30円のやつで300円稼ごうと思えば3000文字書かなければならないのですが、この案件であれば、3000文字書けば1800円くらい儲かるのです。
このようにおいしい仕事をしっかりと見つけていくことが主婦にとっても必要です。主婦だからと言って、自分を安く売ってはいけません。そういうことをしておりますと、足元を見る業者をどんどんとつけあがらせるだけだからです。

女性の特性を活かして女性向け副業を狙おう

女性には女性ならでは悩みってあると思います。もちろん、男性も男性ならではの悩みがあるわけなので、女性だ男性だって差別しているわけではありませんが、それぞれの性別特有の悩みって少なからず持っていますよね?その悩みに応えるようなブログでも立ち上げてみてくださいという話をしたいわけです。

女性で言えば女性ホルモンがどうたらとか、男性に比べて男性ホルモンが少ないために筋肉質になりにくく、また皮下脂肪が蓄えられやすいために太りやすいとか、やはり性別特有の現象があるわずです。そういった差別化といいますか、違いを打ち立てることがアピールできるのならば、女性向け内職として大きく稼げるチャンスが存在していると言えませんか?私はこのところ、そればかりを考えております。

雑多に広く浅くでアクセスを集めても人の関心も広く浅くで集まった以上、それほどコンバージョンに反映するような質の高いアクセスが集まるわけではありません。こういったアクセスを集めるのは正直なところ、自己満足で終わってしまいます。なぜかというとアクセス数が多いだけで売上につながらないからです。私たちはお金を稼ぐために女性向け副業にトライしているわけですから、趣味でブログを書いているわけではないですよね。もちろん、閲覧者に役に立つ記事を執筆することは大前提ですが、目的としてはまずお金を稼げなければやる意味がないといことを強く意識していただきたいと思います。

ブログの運営やアフィリエイトのサイトの運営はお金があまりかからないものなので、危機感が少し希薄になりがちです。でも、将来的にどういった目標を達成するためにそういった女性向け副業に取り組んできたのかをしっかりとブレずに見据えて取り組む必要があるといえるでしょう。これがブレていてはいつまでたっても、その辺にあふれているようなまったく稼げないブログを運営し続けることになります。女性ならではの特性を活かしたブログ作りを励みましょう。

主婦の副業は日常生活と関連する仕事を選ぶ

普段やり慣れている事をやるのがやはり楽だろうという訳で、お勧めしたい主婦の副業は弁当販売店です。ほっかほっかナントカ…みたいなお店がそれぞれの地域に一杯あると思うんですけど、簡単に言えばそこという事になります。

自分にできるかなぁと思う必要なんてありません。やるべき事は全てマニュアルに記載されていますから、そちらを見てやれば全く問題ないのです。ただ、これを見るよりも先輩のしている事を真似した方が仕事を覚えるのも早いと思いますし、実際に多くのアルバイトがその様にしているはずです。

主婦の副業に向いているという理由は、普段の生活でよく使っているものを取り扱うというのが大きいのです。例えば、お弁当の容器にご飯を入れる時には、しゃもじを使います。これなどは普通に家庭でも使われていますが、旦那さんよりも使う機会は多いのではないでしょうか。全くの未経験だと、こんな事でも上手くはいかないものなのですが、大半の主婦はすでにこれらの技術を習得しているので、改めて一からやる必要がありません。

私があえて言う事もないのですが、自分がいつもやっていて慣れている事を活かせる仕事を選ぶ方が効率が良いと思うのです。そうではない新しい事にチャレンジするのを否定しているという訳ではありません。ただ、身体的及び精神的負担を僅かでも軽減するにはという事を考えると、必然的にその様な職種になるという事なのです。

ある程度、副業に慣れてくれば普段とは丸っきり関わりの無い仕事を選ぶのも良いと思いますが、それまでの間は働く事自体に慣れるためにも普段からやっている事に関連するものにしておいた方が良いでしょう。主婦の副業とは言っても経営する側が厳しいレベルを要求してくる事もあり得ます。そういった事態に備える意味でも、できるかどうか分からない仕事では無く、出来るであろう仕事を副業として選択すべきなのです。その方が長続きもするはずです。

家でできる仕事としての添削について

私は家でできる仕事にはけっこう詳しいです。

というのはここ数年それしかやっていないからです。家でできる仕事で私より稼いでいる人は、もちろんいくらでもいるのでしょうが、それでも、私よりも長く家でできる主婦向け小遣い稼ぎを続けている人というのは人口の一パーセントにも満たないのではないでしょうか。もちろん、収入的に大したものがあるわけではありませんので、これは自慢できることでも何でもないのかもしれませんが。

私が最初にしたこの手の仕事といたしましては添削があります。これは某資格試験の採点であり、某資格試験に受かっていなければできませんから、誰にでもできるというわけでもないのですが、取り敢えずこれをやってみることにした次第です。

たいへんなのは、記述式でけっこうな分量があるということでしょうか。慣れないころは、一通一時間くらいかかったこともあろうかと思います。しかし、慣れてまいりますと、一通十五分くらいで出来ますし、これで千円くらい入ってきますから、薬剤師くらいの時給は稼いでいることになります。

しかし、この添削は、そんなに来ないというのが問題ですし、農閑期のような時期があり、そのあいだは本当にほとんど答案が来ません。年収ベースで見ても大したことがなく、しかも、その資格試験が落ち目であることもあり、下がる一方というところが問題です。

添削つがなりで、Z会あたりでもやればいいのかもしれませんが、これはこれで大変そうです。正直なところ、家にいながら仕事ができるということに魅力を感じているだけであり、添削が好きというわけではないので、わざわざそういう仕事をしたくありません。それに大学受験の内容など、もはやほとんど忘れてしまっております。

というわけで、その某資格試験の添削バイトは続けられる限り続けていきたいとは思っておりますが、その会社自体がいつまで続くのかということさえ疑わしいところであり、先行きは不透明さを増しています。

家でするならネットの仕事もおすすめ

在宅でできる仕事を探しているなら、ネットの仕事をするのもおすすめです。主婦もネット副業で稼いでいる人はほとんんど在宅でネット副業をしています。本当に多いので、在宅とネットのお仕事は愛用バッチリです!!ただ、本当に稼いでいる人には特徴があって、在宅だけどしっかりと真面目に作業しているんですよねー。在宅の仕事の難しいところって自己管理なんですよ。

自己管理がなっていないと、在宅で仕事をするのは無理だと思っていた方がいいです。

なんでかというと、在宅の仕事はサボろうと思ったらいつでもサボれるじゃないですかー。なので、真面目じゃない人に在宅ワークは本当に向いていないです。今日仕事やる予定だったけど、明日でもいいやー!!って思うタイプの人は本当に気を付けて下さい!サボりぐせがつく可能性があるので要注意。

それ以外の人は一度挑戦してみてもいいかもしれません。

稼げる金額も全然違ってきますし、こんなに稼げるの??ってビックリする可能性もあるので、是非一度挑戦してみて下さい。その方が絶対にいいです!!

ネット副業のいいところって、自宅にいながら全国の人を相手にビジネスができるとこです。その良さを存分にいかして稼ぎまくりましょう!

チャットレディで頑張ってみる

女性ならではの仕事、しかも家でも出来る仕事の1つがチャットレディというものです。これはインターネット環境のあるところでウェブカメラなどを使って相手の異性とおしゃべりをすることであり、ちょっとしたバイトとして人気になっている女性副業なんです。日中はOLとして働いていて、夜は自宅でこのチャットレディで仕事をして副業しているという女性もいますし、主婦が内職としてチャットレディでお小遣い稼ぎをしているということがあります。

いろいろな男性と楽しく話すことが大切なので笑顔であることや相手を受け入れることなどお客に嫌な顔をされないようにしてとにかく盛り上げるような会話ができれば収入は増えてきています。お客の中には話しをつまらないとすぐに切ってしまう人がいますのでいかに長く会話することができるかということがひとつのポイントになります。この仕事でかなりの収入を得ている女性たちもいますので、副業というよりもメインの仕事にもなり得るほどのものなのです。

このチャットレディというのはアダルトとノンアダルトに分かれていて、女性を肌を見せたり、エッチなトークをあまり苦としないのであればアダルトの方が収入がよいのは確かです。ノンアダルトであればそうした話はあまりないのですが、人によってはそのようなことを話したがる男性もいますのでうまくかわすことができるかもしれません。

このチャットレディの仕事は自分の好きな時間にできるというのが大きなメリットであり、頑張れば頑張っただけ収入になるということでやりがいがあります。そして自宅でできるというのも大きなメリットです。とはいえ人によっては自宅ではこうしたチャットはしずらいという環境の女性もいるかもしれません。そのような人はそうしたことをしている業者がありますのでそこに行ってすることができます。慣れるまで恥ずかしいかもしれませんが、実際に会うわけではないので怖い思いをするわけではなく、楽しんですることができるのです。