バイナリーオプションをご存じでしょうか。
これは為替金融商品の一つで、FXと呼ばれる外国為替証拠金取引に似たような商品です。
理解するには、まずFXを理解するのがはやいと思います。
FXでは、まず為替が上に向かうか下に向かうかをトレーダーが予測してポジションを取ります。
そして為替が予測した方向に向かい、ある時点で決済すれば値動きの幅の分だけの利益がもらえます。
ただし予測と逆の方向に向かった場合、決済した時点での値幅だけの損ということになります。
たとえばドル円でトレードをした場合ですと、120円の時点で121円の方向に向かうと予測してポジションを取り、121円まで円安が進んでそこで決済すれば1円分の利益となり、逆に119円に向かって119円で決済したら1円分の損となるわけです。
バイナリーオプションの取り引きでも為替が上下のどちらへ向かうかを予測するのは同じです。
そして予測した方向へ進めば利益となり、逆へ進めば損となります。
FXと違うのは、損益の金額が固定されているところにあります。
また、レバレッジもありません。ですからFXのような追証もありません。
追証とは、FXでは担保を入れることで取り引きしているため、ある程度の担保率を維持しなければならないのですが、これが下回ることがあるのです。
そうなった場合、追加の担保を入金する必要が出てきます。
この追加の担保を入金しなければならない状況のことを「追証」が発生したと言います。
バイナリーオプションでは追証がありません。
また、FXと違う他の点は、ゴールとなる時間が定められているところです。
FXでは持ち越しをすれば翌日でもそのポジションを取ったままにすることができます。
しかしバイナリーオプションは「ゴールとなるこの時間にある値より上か下かを予測する」商品なので、ゴールとなる時間が来たらそこで終了ということになります。
こうして見ると、バイナリーオプションは上か下かで予測するので簡単に見えます。
しかし、国民生活センターはリスクの高い取り引きとして警告を出していますので、注意して取り引きをしましょう。